管理が苦手ならマンション管理会社に依頼しよう

ウーマン

賃貸経営のカギを握る会社

ウーマン

慎重を期して選定

賃貸経営をする場合、当然のことながら、入居者に心地良く住んでもらう必要があります。従って、清掃は欠かさず、設備等の点検は怠らず、時として修理も必要となります。また、入居者の様子に目を配り、場合によってはクレームに対応し、トラブルを解決する必要もあります。もちろん、防災、防犯意識は強く持たなければなりませんし、持つだけではなく、然るべき万全の対策も講じる必要があります。そして、周辺住民や組織との関係を良好に保つことも必要です。これらの業務を総合して賃貸管理というのですが、賃貸管理の優劣は賃貸物件の価値に大きく影響します。例え、新築物件であっても粗雑な賃貸管理が行われていれば、すぐに評判を落とし、賃貸経営が立ち行かなくなってしまうものです。逆に、多少古い物件でも行き届いた賃貸管理が行われていれば、人気物件となり、賃貸経営は安定します。ただ、その重要な賃貸管理は、見て分かるとおり、知識や経験といったことが物を言う業務です。しかし、その知識も経験も、通常、賃貸経営者には備わっていないものです。従って、現状、多くの賃貸物件では、賃貸管理会社が委託されて賃貸管理業務を請け負っています。また、賃貸管理会社は入居者募集業務も同時に請け負います。入居者管理業務も多くの賃貸経営者にとっては未知で未経験の業務ですから、非常に有難いことです。このように、賃貸管理会社に委託すれば、賃貸経営は手間いらずとなります。ただ、それだけ重要な存在ということになりますので、選定は慎重に行うべきです。