管理が苦手ならマンション管理会社に依頼しよう

ウーマン

契約前に内容を確認する

お金と積み木

公的な団体を利用する

近年、賃貸マンションや賃貸アパートなどの不動産賃貸契約を行う際に、家賃債務保証会社の保証を求められるケースが増加しています。賃貸マンションや賃貸アパートなどの募集広告等に「連帯保証人不要」と記載されていた場合には、連帯保証人の代わりに家賃債務保証会社の保証が必要とする場合があります。通常、賃貸住宅を借りる場合には、不動産賃貸契約の際に連帯保証人をつけることを求められます。また、連帯保証人をつけた場合にも家賃債務保証会社の保証を求められるケースもあります。しかしながら、高齢者世帯、障害者世帯や母子家庭などの人が賃貸マンションや賃貸アパートなどの賃貸住宅に入居する際には、連帯保証人をつけることが困難となる場合があります。家賃債務保証制度は、借主が家賃債務保証会社へ保証料を支払うことを条件に、貸主に家賃債務保証会社が家賃債務等の保証を行うものです。借主が家賃を滞納した場合には、家賃債務保証会社が貸主に家賃を支払うことになり、その後、借主に家賃を請求することになります。家賃債務保証会社は、家賃の滞納分に対して借主に督促を行なってくれるので、貸主は特別に借主に何かする必要はありません。家賃債務保証契約を結ぶ場合には、保証期間、家賃滞納時の利息、更新時の更新料などの契約内容等を十分に検討する必要があります。高齢者世帯や障害者世帯などを対象にした家賃債務保証を行っている公的な団体もありますので、これらの団体を利用することで、低額の保証料で安心して賃貸住宅に入居することができます。